読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アホ録

新卒in 関西で四苦八苦しているポンコツの日記。いわゆるsick hacker...

事業を始めるにあたって真っ先に目がいくのがお金だと、僕は嫌だ!(欅坂風)

上記の通りなんですけど、

 

 

会社としての目標達成としての指標が数字なのは、とても良いことだと思っています。

 

 

あるべき姿だと思っています。

 

 

そこに投資家が存在する場合、大抵の投資家はそこの数字をみて判断を下します。

 

 

当然ですね。基本投資家は稼ぐことを目的として投資をしているのですから、

 

 

しかし、その投資家の中には、金儲けだけではなく、

 

 

そこに何かしらの夢をもって、起業家が描く未来に投資した方もいます。

 

 

最終的には投資する人の人柄に対して投資をするとよく言われていますね。

 

 

その人(起業家)が夢をなくしたらどうなるか。

 

 

どうなると思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうなるんでしょう?(´◉◞౪◟◉)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わっかんねぇ。

 

 

 

 

 

 

夢をなくした会社って、どうなるんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

誰か夢をなくした会社にいたことのある方いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこってどうなってます?

 

 

 

 

 

 

 

 

何のために仕事やってるんでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

そこを知りたいなーと最近は思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近はいつもよりよりメンタルが死んでいるので。

 

 

全然面白いことも言えない(もともと言えない)し、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モチベーションが沸かない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず客観的に自分を見てみると、

 

 

 

 

 

 

 

 

とてもあまちゃんで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言い訳をして現実から逃げている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これに尽きる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じぇじぇじぇ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、今できること、目の前のことをやろうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かを達成したいなーとは思っているけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっとこの会社にいる必要はないなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度も同じこと言っているけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やりたいことをしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ君は24歳だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じぇじぇじぇ。